西所沢 小手指 慢性閉塞性肺疾患 上新井さとうクリニック たばこ病

tel:04-2940-1156住所:埼玉県所沢市上新井1-26-1

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

喫煙などが原因で肺胞が破壊される

慢性閉塞性肺疾患 (COPD)慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:COPD)は、タバコの煙を主とする有害物質を長い年月にわたって吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)が狭くなったり、気道の先端にある肺胞(酸素と二酸化炭素の交換を行う組織)が壊れたりする疾患を言います。
そのため、酸素を吸って二酸化炭素を排出する「ガス交換」の効率が悪くなり、息切れが起きやすくなるのです。
なお、患者様の一部ではありますが、喘鳴や発作性呼吸困難といった、ぜんそくに似た症状を合併することもあります。
COPDは進行性の疾患です。
一度壊れた肺胞を再生することはできませんが、治療によりその進行スピードを食い止めることは可能です。
長期の喫煙歴があり、咳や痰、そして労作時呼吸困難が慢性的にあるという方は、COPDが疑われますので、検査を受けることをお勧めいたします。

治療にあたっては、長期間にわたる喫煙習慣が主な原因であることから、まず禁煙が重要になります。
加えて、せきや息切れを軽くするために、効果が長く持続するタイプの気管支拡張薬を用います。

COPDが進行した場合には、薬物療法だけでなく、呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法(機械を使って自宅で酸素を吸入する治療)が必要になることがあります。

PAGE TOP